:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

実印、認印などの違いとは

一般的には、認印とは、荷物の受け取りや簡単な書類など、常に捺印できる印鑑のことを言います。認印といっても、印鑑の効果が変化するわけではなく、捺印すると実印に準じた責任が伴いますので大切に扱いましょう。
銀行印とは、 定期預金・普通預金・郵便貯金などの金銭関係や手形などに使用する重要な印鑑のことを言います。

このように、同じ印鑑でも、使用する目的により、印鑑の名称が異なってきます。実印も、100円で売られているような、安い印鑑であっても、役所に印鑑登録することができます。また高級な印鑑を、認印や銀行印として利用することも出来ます。印鑑の質や値段には関係ありません。
実印、銀行印、認印とは、使い手がどのような印鑑の使い方をするかによってはまったく役割が異なる印鑑になります。

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-: