印鑑の歴史について

印鑑の歴史について見ていきましょう。
日本で生活するにあたって、印鑑は切っても切り離せない関係にあります。

 

印鑑は、今から5000年以上前も前、メソポアミア地方に、その起源があるとされています。
当時使われていた印鑑は、円筒形の外周部分に絵や文字を刻み、これを粘土板の上に転がして押印するというものだったそうです。今のように「押す」とゆうよりは「転がす」とゆう形だったそうです。
印鑑を持っていたのは有力者たちで、それぞれが、自分独自の印鑑に紐を通して、首に掛け、必要に応じて使用していたようです。材質は石や宝石作られていたようです。