実印を紛失した場合

実印の紛失の場合(個人実印・法人実印とも)

個人の実印、会社の代表印などを紛失、もしくは盗まれた場合は、まず第一にその印鑑の効力を失わせなければなりません。直ちに市町村役場や区役所、または登記所にその旨を届け、そしてさらに改印届を提出します。銀行印を紛失したり、盗まれたりした場合も同じです。すぐに銀行に事故届を提出すると同時に改印届を出し、なくした印による銀行取引などが行われないようにしなければなりません。 加えて、その印が使用された形跡があったら、すぐに知らせてもらえるようにしておきます。
さらに所轄の警察署にも紛失届、盗難届を提出します。

※会社印の場合
  会社印の場合は関係先、取引先にも改印した旨を連絡し、会社名義の注文書や領収書など偽造されるのを防がなくてはなりません。印鑑の保管、管理には十分、気をつけてくださいね。